ネズミ駆除の超音波器の仕組みとその効果

ネズミ駆除をする上で超音波を利用する方法は、実際にネズミがそれに反応する性質を利用した方法です。人間にとって聞くことができない20kヘルツは、ネズミにとっては聞くことができ、その音波を嫌がって近づかなくなる習性があります。
つまり超音波を部屋中に行きわたらせることで、ネズミ自体を嫌がらせ、家から自動的に追い出して棲めなくして撃退する方法となります。

超音波でネズミ駆除のことならこちらのサイトをご覧ください。

もちろん、捕獲器や薬剤を用いることをせずに、ネズミ自体に関わりを持たずに自動的に減少させることが可能で、優れた方法となるのは確かです。

All Aboutをわかりやすく説明しています。

市販で販売されている超音波のネズミ駆除器は、大体8k~20kヘルツを主体としており、それをコンセントなどの電源に差し込んで用いるパターンが一般的となります。

なお機種の種類によっては、この周波数にも差があるため、なるべく20k程度の高周波帯の音波を発する機種を使用することが理にかなっています。

ただ注意点があり、超音波によるネズミ駆除器から発する超音波の周波数が一定のままだと、ネズミはそれに慣れてしまう習性を持っている点です。



そのため20kヘルツと強力であっても、それに慣れてしまうとネズミ自体が嫌がらなくなることもあり、効果が出ない可能性もあります。そのため、近年では同じ周波数の音波であるとネズミが慣れるので、それを防ぐために自動的に発する音波の周波数を変化させる機器になっています。


以前は手動で切り替えるタイプも多かったですが、時間帯や日にちによって自動で周波数を変換するタイプも登場し、ネズミ駆除に効果が高い機種も存在します。